花粉症などのアレルギー症状の緩和に役立つ食材

アレルギー症状を防ぐ食事対策

花粉症はアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患の一種で、免疫の過剰反応が引き起こすものなので抗酸化作用のある食材を食べることが改善のひとつの方法とされています。

花粉症の症状を悪化させない為には、栄養バランスのよい食事とストレスケアなどで免疫機能を正常に働かせましょう。

 

効果的な栄養素と注意したい栄養素

ビタミンB6ビタミンCなどの栄養素が豊富な食材が効果的です。

ビタミンB6には免疫機能を正常に維持する働きがあり、不足するとアレルギー症状が出やすくなります。

抗酸化作用のあるビタミンCは炎症やかゆみなどのアレルギー症状の緩和に役立ちます。

 

肉類などのタンパク質をとりすぎると、異物への反応が過敏になり、アレルギーを起こしやすくなる為、食べ過ぎには注意が必要です。

花粉症の増加は、食生活の欧米化でタンパク質や脂質の摂取量が増えたことや、加工食品に含まれる添加物、大気汚染、ストレスなどの影響が関わっているとされています。

 

花粉症の症状を軽減させる機能成分

魚脂などに多く含まれている脂肪酸のEPA・DHAは、免疫機能を正常化して、アレルギー疾患の予防と症状の軽減に効果があるといわれています。

 

ヨーグルトなどの乳酸菌の一種のビフィズス菌はアレルギー症状緩和に不可欠なビタミンB6を合成するなど、免疫力の向上に役立ちます。

 

しそ油やえごま油などに含まれるα-リノレン酸は、体内でEPAやDHAへと代謝され、アレルギー症状を軽減する効果が期待できます。

 

緑茶などに含まれるカテキンには、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが過剰になると、それを調整する作用があるといわれています。

 

アレルギー抑制効果の高い食材

分類食材
野菜類あさつき、キャベツ、しそ、ジャガイモ、しょうが、里芋、玉ねぎ、トマト、菜の花、にんにく、ネギ、ふき、レンコン、よもぎ、わけぎ
きのこ類えのきたけ、しいたけ、しめじ
穀類玄米、ゴマ、大豆、はと麦
果物類梅干し、ゆず
魚介類いわし、昆布、ひじき、海苔、青背の魚など
飲料緑茶、紅茶
その他納豆、ヨーグルト

 

しそ

炎症をやわらげるポリフェノール類や抗アレルギー成分などが含まれる為、免疫機能の働きの調整に役立ちます。

青じそよりも赤じそのほうが、より効果が高くなっています。

 

緑茶

緑茶に含まれる抗酸化力の高いカテキンにはアレルギーの炎症を抑える働きがあり、ウイルスを抑えたり、ガン予防にも役立ちます。

「べにふうき」という品種の緑茶にはカテキンのなかでもメチル化カテキンが豊富に含まれており、スギ花粉症などのアレルギー症状を緩和する働きがあるといわれています。

 

レンコン

レンコンに含まれるタンニンという成分には消炎・鎮痛作用に期待できる為、花粉症のくしゃみや鼻水などの炎症反応に効果的です。

 

トマト

ファイトケミカルのリコピンが免疫細胞のうちのヘルパーT細胞のバランスを調節し、花粉やダニなどに対するアレルギーの緩和に期待できます。

 

 

その他の花粉症対策

天然温泉水配合でメークの上からでも使用できる花粉吸着防止スプレーです。

目と口を閉じて円を描くように適量を顔にスプレーすることで、ミクロの霧がコーティングしてイオンの透明なマスクをつくり、空気中の花粉をブロックしてくれます。

外出している時間が長い時は、4時間おきに使用します。
 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました