蛇口に浄水器を取り付ける必要性と器具を選ぶポイント

台所の蛇口から水漏れし始めました。

私がすんでいる所は賃貸アパートです。

ここに引っ越してくる前に改装工事があり、台所の蛇口も新しく交換されていました。

その為、約10年ちょっと使用していた計算になります。

このくらいの年月使用すると、蛇口内の部品も劣化するようですね。

蛇口内の部品の交換

掃除用にペットボトルと洗面器に水を入れて用意しました。

まず、家の外にある水道メーターの隣にあるレバーを回して、水道水の流れを止めます。

蛇口の上のキャップをキリで外し、キャップ部にあったプラスのネジを緩めハンドル部分を外します。

ハンドル内部にある開閉バルブの部品も外します。

開閉バルブを取り、水漏れの原因となっているコマのような部品を取り外します。

蛇口から水漏れしているので、このコマの部分を交換します。

取り外したコマの部品にはゴミなどが付着していました。

洗面器の水の中に入れたところ、サビなどが洗面器の底に沈んで、結構不純物が付着していたことに驚きます。

10年も使用していると、このようになるようです。

蛇口の部分も歯ブラシで掃除しました。

ここも同時にサビなどで汚れていたので、ブラシがすぐに茶色になりました。

コマの部分が汚れていたという事は、蛇口から出ていた水にも不純物が含まれていた可能性があります。

浄水器の必要性

住んでいる建物までの水道管やビルの屋上にある貯水槽タンクが汚れているはわかりますが、台所の蛇口も汚れていたのには驚きました。

コマの部分の汚れがどれほど体に害のあるものか分かりませんが、出来るだけ除去したい気がします。

給水器など水に関しての製品が色々とありますが、蛇口に取り付ける浄水器も必要だと感じました。

わが家には古いタイプの浄水器が取り付けてあります。

取り付けていて感じたことは、カートリッジの交換目安の表示がついてある製品が便利です。

使用頻度で効果がなくなるのですが、交換時期がよく分かりません。

カートリッジの交換目安がひと目で分かるデジタルサインの表示は必要だと感じます。

わが家に設置してあるのは、器具の左側に筒状のカートリッジが装着されているのですが、お皿を洗う時にちょっと邪魔になるので、器具の裏側にカートリッジの筒が取り付けてある製品を次回購入する時は選びたいと思っています。

お米をとぐ時のポイント

お米をとぐ時も、最初につける水が重要といわれています。

乾いている状態の米は最初に触れた水を吸収するので、とぐ時に利用する水は浄水器で不純物を取り除いた水を利用するのが良いようです。

器具を購入するときの確認ポイント

料理する時にも、流し台から浄水された水が利用できるのが便利ですが、器具によって浄水された水がストレート水流タイプとシャワー水流タイプの違いがある製品があるので注意が必要です。

シャワー水流タイプは野菜洗いなどに便利で、ストレート水流は狭い口の容器に注ぐのに便利になっています。

私がもっているのは、側面にカートリッジがついてあり、浄水された水はシャワー水流で出てきます。

原水のままのときは、切り替えがあってストレート水流とシャワー水流に変更できます。

メーカーによってさまざまなので、水流タイプの切り替えの有無などは確認が必要ですね。

スポンサードリンク