抗酸化物質のビタミンAが豊富な鶏肉

主な成分

タンパク質、マグネシウム、ビタミンB2、レチノール、コラーゲン

鶏肉に期待される作用

体調回復、風邪予防、ガン予防、疲労回復

 

免疫細胞の材料となる鶏肉

鶏肉は必須アミノ酸をバランスよく含み、良質なタンパク質やビタミンAが豊富な食材で、体の抵抗力を高め、体調の回復に役立ちます。

 

ビタミンAは牛肉や豚肉の約10倍含まれており、粘膜を強化して、風邪やガンの予防に期待できます。

 

鶏肉のタンパク質に含まれるメチオニンには脂肪肝を予防する働きがあります。

 

脾と胃の働きを助け胃腸を温めることで、食欲不振や下痢を改善し、血と気を補って、疲労回復や母乳の出をよくする効果もあります。

肉に含まれるトリプトファンは幸福感や安心感をもたらすセロトニンのもとになり、肉には体を温める働きもあるので冷えの改善やうつ傾向の解消に役立ちます。

 

部位別の効果

レバーは貧血予防や肝機能向上、砂肝は胃腸の調子を整え胃弱や消化不良改善に役立ちます。

 

胸肉などの良質なタンパク質は免疫細胞の材料になり、特に胸肉は抗疲労物質であるイミダゾールジペプチドを多く含み、疲労回復に優れた力を発揮します。

 

ささ身部分は低カロリー高タンパクで減量中の栄養補給に最適です。

 

皮や軟骨にはコラーゲンが豊富に含まれ、髪や肌を潤わせ、骨の老化を防ぐとともに、目の機能を高めます。

砂のうの内皮は鶏内金(ケイナンキン)という漢方の生薬で、消化促進に利用されています。

 

食べ合わせによる相乗効果

鶏肉+レモン:抗酸化作用向上

鶏肉+トマト:美肌づくり

鶏肉+ニンジン:肌荒れ解消

鶏肉+白菜:動脈硬化予防

鶏肉+ほうれん草:ストレス緩和

鶏肉+もち米+高麗人参:疲労回復

鶏肉の良質なタンパク質は皮膚をつくり血管を強くして、βカロテンとビタミンCを含む食材と組み合わせると肌荒れ解消、食物繊維とビタミンCと合わせると動脈硬化予防に役立ちます。
体内でタンパク質からコラーゲンを生成する際にはビタミンCが必要なので、ビタミンCを含む食材と食べると効果的です。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました