病後の体力回復や虚弱体質の改善に豚肉

主な成分

コラーゲン、タンパク質、ビタミンB1・B2、飽和脂肪酸

豚肉に期待される作用

滋養強壮、便秘解消、貧血改善

 

疲労回復やストレス緩和に豚肉

豚肉は牛肉の数倍ものビタミンB1を含んでおり、糖質の代謝や疲労回復、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に保つ働きがあり、夏バテ予防やイライラ防止に効果的です。

 

良質なタンパク質を多く含み、腎を養って精力を高める為、病後の体力回復や虚弱体質の改善に役立ちます。

 

鉄分豊富なレバーは貧血改善によく、豚足は皮膚を潤し乾燥肌やしわの改善に効果的です。

 

体を潤す作用があり、空咳、肌の乾燥、のどの渇き、水分不足による便秘などを改善します。

中国では豚足は母乳の出をよくする食材として知られています。

 

食べ合わせによる相乗効果

豚肉+ほうれん草:貧血改善

豚肉+リンゴ:便秘解消

豚肉+ニンニク:疲労回復

豚肉+ブロッコリー:動脈硬化予防

豚肉+ニンジン:免疫力増強

豚肉+パプリカ:美肌づくり

豚肉+トマト+黒豆:老化防止

豚肉はカロリー・コレステロール値は高くなく、ビタミンB1は牛肉の約10倍ほど含まれており、ヒレの部位にビタミンB1の含有量が多くなっています。

 

注意事項

ビタミンB1は加熱しすぎると壊れますが、豚肉には寄生虫がいるおそれがある為、ほどよい焼き加減が必要です

母乳の出をよくするといわれる豚足スープは、塩入れすぎると逆効果になるので注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました