退院して1年と4か月経過

検査について

病院を退院して1年4か月経過して、検査に行ってきました。

結果は退院した時とそんなに腫瘍の大きさが変わっていないようです。

一度放射線を当てると何かが変化しているのか、進行速度が速くないようです。

今まで、2か月に1回程度の検査でしたが、次回は4か月後にPET検査となりました。

個人的には、検査費用ばっかり支払っているので、半年に1回でもいいような気がします。

PET検査も次で3回目です。

最初は珍しくてワクワクしていたのですが、この検査は時間がかかるので少々退屈な時間となっています。

退院してから1年間は、PET検査1回、他にCT検査やレントゲン検査、血液検査などを2か月に1回ほどのペースで行っていたので、約10万近く支払ったようです。

今年はいくら支払うのでしょうかね。

 

入院する前と退院してからの体調の変化としては、体力不足になっている事と、体温調節が苦手な体となってしまったようです。

夏の外を歩くとやけに汗をかくようになったと思っていたのですが、冬場に寒い屋外から暖かい室内に入ると、汗をとってもかくようになった事で判明しました。

おそらく、これが更年期障害というものだと思います。

ということで、寒がりで汗っかきな体質となってしまいました。

 

食材について

退院して、食材の事を色々と調べてきましたが、高額な食材は体によい作用の成分が多く含まれているものが多いという事がわかりました。

世の中の物価の基準はよく出来ているようです。

そして、旬の食材は栄養価が高くなっています。

風水では食材から吸収する運はとても強いので旬の食材を食べると幸せになれるというのは栄養価と関係しているのかもしれませんね。

 

食事のプラスアルファー

最近の食事で追加しているものは、ゴマと乾燥ワカメとなっています。

どちらも栄養価が高く、いろんな食品に入れても美味しく頂ける、簡単便利な追加食材となっています。

ただ、ゴマはよく噛んで砕いた状態で飲み込まないと、消化されずにそのまま排出されるそうです。

砕いてくれる製品があったほうが便利なようですね。

 

 

 

あとは、病気は腸内環境を整えると良いという事で、バナナをレンジで温めて、ヨーグルトと黄な粉をかけたものをよく食べています。

レンジで50秒ほど温めると柔らかくなり黄な粉ともよく馴染んで美味しくいただいています。

ただ、最近暖かくなって、バナナが熟す期間が短くなってきたような気がしますね。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました