付き添いの重要性と退院後のPET検査結果、放射線治療だけでも完治?

退院後 9カ月後の状況

この間PET検査をした結果を聴きに病院に行ってきました。

診察の30分前までに待合室に着きたいので、診察予定時間の1時間前に自宅を出ました。その後診察室で会話したのが、10分。毎回思うのですが、結果報告だけなら、メールか電話で処理できないのでしょうか?

そして、診察室に呼ばれて、A4サイズのPET検査の結果用紙をもらいました。診断画像をプリントアウトしたもので、現状肺に残っている腫瘍は大きくなっていないようです。

その時に、去年9月末に受けたPET検査の時の画像を見せてもらい、現状の回復ぶりを説明してもらいました。

・・・・・・・・?

去年のPET検査の画像を今回初めて見ました。見た記憶がございません。

肺の上部分に両手を握りこぶしにして合わせた位のサイズの黒い影がレントゲンの画像に写っています。

印象としては、すごく状態が悪そうに見えました。

その為、この画像を見せてもらえなかったのかもしれません。

現状は、放射線治療のみの治療で退院しましたが腫瘍は小さくなって黒い影もなくなっている状態です。肺気腫のほうは去年と同程度で進行はしていないとの事でした。

脳やリンパ節転移を疑うような異常集積はないようです。と渡された用紙に書かれてありました。

そして、このまま様子をみるとの事で次回は2カ月後に検査のようです。

ガンが進行しても、かなり大きくならないと自覚症状がでないので、こまめに検査が必要なようです。

これは・・・・一生続くのでしょうか?

ともあれ、薬が処方されているわけでもないので、日々の食事で体の免疫力を上げて腫瘍を改善する事ができるように頑張っていきます。

そして、抗がん剤治療無しで、放射線治療のみでも治るような気がしています。

 

この夏に体の変化で感じた事は、すごく汗をかくようになりました。

肺気腫で呼吸が浅くなっているせいなのか、外気の温度が高かった為なのか、運動不足のせいか、更年期障害?なのか分かりませんが、とにかく、汗かきになりました。

 

入院していた時に同室ななった方は、皆、体は元気ですがガンができている状態で、痛みなどの自覚症状はない入院患者さんが多かったです。

健康診断などで判明した人もいるようですが、早期発見できれば、抗がん剤治療無しでも治るかもしれません。

 

ガンの診察室には、付き添いと一緒に!

最近、ガンに関係するTV番組が増えた気がします。昔からあったけれども、自分に関係ないと思っていたので気が付かなかったのかもしれません。

その中で、ドクターからの詳しい説明がなかったなどという話を何度か見ました。

ドクターの言い忘れか、患者さんが聞いていたのに覚えていないのか分かりませんが、ガンと分かってからは、家族など付き添いの人同伴で診察室に入り説明を受けたほうが良いような気がします。

第三者が居た場合、聴きもれもなく、質問もずかずかとしてくれそうな気がします。

私も、去年のPET検査結果の画像を見た記憶がありません。

でも、本当は文章で診察結果や現在の状況を紙にプリントしたものを渡してもらえると有難いと思うのですが、1日に何人もの患者を診るドクターにそれを望むのは無理なようです。

とにかく、診察を受ける時は、付き添いの方も一緒に診察室に入ってドクターの話を聞いてもらうのが良いと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました