自律神経のバランスを整える働きに役立つジャスミン

ジャスミンに期待される作用

ストレス解消、腹痛緩和

旬は8月~10月になり、香りがよいものが良品とされています。

 

ストレス解消で有名なジャスミン

生薬名は茉莉花(マツリカ)とよばれており、胃痛や下痢による腹痛の緩和に期待されています。

 

香り成分のベンデルアセテートは、右脳を刺激して自律神経のバランスを整える働きがあり、気分をリラックスさせて、憂鬱を取り除き、うつの改善に役立ちます。

 

ストレス解消効果が有名で緊張感と恐怖感をやわらげ、元気がないときに気分を高揚させるといわれています。

「香りの王様」と称されるジャスミンの花は、上品な甘い芳香が魅力です。

 

食べ合わせによる相乗効果

ジャスミン+栗:ストレス緩和

ジャスミン+緑茶:リラックス効果

ジャスミンと緑茶を一緒にいれてお湯を注ぐことで、香りが強まり、頭をスッキリさせる作用が強まる事で、気分爽快となりリラックス効果が向上します。

 

保存方法

未開封のものは常温で長期保存が可能ですが、開封後は風味を損なわないようにするために、冷蔵保存します。

 

注意事項

観賞用のジャスミンは、毒性があるものがあるので、利用には注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました