食事の影響

食事の影響

腫瘍が巨大化した時に毎日食べていた食品の成分の影響について調べてみました。

昨年腫瘍が見つかって入院するまでの3カ月程度の間に、腫瘍が急激に巨大化しました。 腫瘍は出来てから、徐々に大きくなり、ある程度のサイズまで増殖すると一気に大きくなるといいます。 もともと自分の細胞が変異したものなので、腫...
食事の影響

βカロテン・ビタミンC・E含有量上位食材

ガン抑制に期待できる抗酸化成分 ガンだけでなく、ほとんどの病気や老化の原因の一つに体内での活性酸素の影響があります。 活性酸素の発生原因は呼吸・ストレス・喫煙・過度の飲酒・農薬や食品添加物・酸化した古い油・紫外線を長時間あびるな...
食事の影響

がん体験者が控えたほうがよい野菜・果物

がん体験者の方は、出来るだけ食べるのを避けた方が良いとされる食品がありました。しかし以下の項目は、あるドクターが言われていた内容ですので、参考程度にお願いします。 外国産の野菜は避ける どれだけの農薬を使われたの...
食事の影響

アブラナ科の野菜とがん予防

ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜の摂取量が多いと、肺や胃や大腸などの「がん」になりにくいという研究が注目されています。 アブラナ科の野菜には、他の野菜には含まれないグルコシノレートという成分が含まれています。これは、調理や...
食事の影響

免疫力の高い野菜

最近下の歯が浮いたような感じになっています。 どうやら、扁桃腺が多少はれているか、虫歯の可能性があります。 風邪か虫歯のようです。 3年程前まで虫歯の治療をしていました。 その時は、銀歯の銀の部分が外...
食事の影響

水による影響

がんは食事と同じくらいに、飲み水での影響があると考えている方が多いようです。 がんに限らず、病気を治す為にはまず血液を綺麗にすることが大事なようです。全身の臓器などに栄養分などを運んでいるのは、血液です。血液の約8割が...
食事の影響

がんについて

死なないがん細胞 人間の細胞は、一定の寿命があります。あらかじめ決められた細胞分裂を繰り返して老化したり、何らのエラーが細胞に起こった場合に細胞は死んでいくようにDNAにプログラミングされています。そして、死んだ細胞の代わりに...
食事の影響

肉類と加工肉類のリスク

がんの発生要因 がんの発生要因の割合は、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターに掲載された英国オックスフォード大学のサー・リチャード・ドール博士が1981年に発表した資料によると、 食物による影響が35% 喫煙に...
食事の影響

放射線治療時に注意が必要なサプリメント

抗がん剤治療中のサプリメントの影響 国立がん研究センター がん情報サービスのサイトの中でサプリメントに書かれている一文があります。 5.むしろ害になる可能性のあるサプリメント この判定は、ビタミンAやCなどの抗酸化物質が通...
スポンサーリンク