アブラナ科の野菜とがん予防

ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜の摂取量が多いと、肺や胃や大腸などの「がん」になりにくいという研究が注目されています。

アブラナ科の野菜には、他の野菜には含まれないグルコシノレートという成分が含まれています。これは、調理や消化の過程でイソチオシアネートという物質に分解されます。

イソチオシアネートは、発がん性物質の解毒酵素の活性を高める作用があり、動物実験で発がん性を抑制する可能性があると注目されています。

アブラナ科の野菜を摂取する時は、噛み砕くことで消化・吸収率を高めることができます。野菜中の酵素であるミロシネースがイソチオシアネートに変換されやすくなる為、がん予防の効果に期待ができます。

アブラナ科の野菜

カイワレ大根:ビタミン、ミネラルが非常に豊富。また安眠を促すと言われているメラトニンも含まれています。

大根:大根の根にはデンプンとタンパク質を分解する消化酵素や、免疫力を高めるビタミンCが豊富に含まれています。

カブ:根の部分にはデンプンの消化を助けるジアスターゼ、たんぱく質の消化を助けるアミラーゼ、食物繊維などが豊富に含まれています。

カリフラワー:ビタミンCや食物繊維に富み、美肌効果、風邪予防、便秘解消などの効果が期待されています。

キャベツ:キャベツはにはビタミンCなどビタミン類が豊富に含まれています。胃潰瘍の予防効果があります。

メキャベツ:ビタミンCを豊富に含んでいて、野菜の中でもトップクラスの含有量です。その他、カリウム、鉄分、葉酸、カロテン、ビタミンK、そして食物繊維も豊富で、まさに優秀な健康野菜の1つです。

小松菜:カロテン、ビタミンC、ビタミンB1、カルシウム、リン、鉄分、食物繊維などが豊富に含まれています。

高菜:カルシウム、カリウム、鉄、カロテンなど豊富に含みます。

チンゲン菜:カロテン、ビタミンCが非常に豊富な他、カルシウムやカリウムなども含み、風邪の予防や胃もたれ解消の効果が知られています。

白菜:ビタミンC、カルシウム、鉄、カロテンなどが含まれています。特に芯の部分の栄養が豊富です。

ブロッコリー:非常に栄養価が高い緑黄色野菜で、カロテンやビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などたくさんの栄養を含んでいます。

水菜:カルシウムや鉄分、カリウムが多く含まれ、さらにカロテンやビタミンCが豊富で、お肌に嬉しい野菜です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました