がん体験者が控えたほうがよい野菜・果物

 

がん体験者の方は、出来るだけ食べるのを避けた方が良いとされる食品がありました。しかし以下の項目は、あるドクターが言われていた内容ですので、参考程度にお願いします。

 

外国産の野菜は避ける

どれだけの農薬を使われたのか、どれだけの量を使われたのか不明なので危険な可能性もあります。収穫から時間が経っているものが多いので、鮮度が落ちている可能性もあるので避けた方がよいそうです。

私の良い行くスーパーには外国産(イタリア産)のニンニクが売っています。国産(青森県)のニンニクより100円程安く売っています。国産のニンニクとは粒の形状が多少違っていて、小粒でバラバラな形状の粒が集まったようなかんじです。残念なのは、運搬中に出来たものなのか、至る所が傷がついていた所です。

 

カット野菜は控える

レタスやキャベツや数品目の野菜を一袋にした市販のカット野菜は長持ちさせる為に「次亜塩素酸」が使われている事があり、栄養素も劣化していると考えられる為に控えたほうがよいそうです。

これもあくまでも、がん体験者の方が控えたほうが良いといっている項目です。そして数種類の野菜を入れた野菜などは、使用した野菜の割合が半分以上の産地を表示すればよいだけなので、中国産の野菜が多少含まれていても記載する必要が無いので不安要素があるとの事です。

 

外国産果物は控える

外国産の果物には、防腐剤に加え、レモンやグレープフルーツなどには、ワックスが塗られている可能性があるので控えたほうがよいとの事です。

国内のりんごなどには人工的なワックスは使用されていないようです。
りんごがピカピカの正体は、りんご自体が持つ自然の「ろう物質」による影響で、これはパラフィンやアルコール、飽和脂肪酸でできていて、鮮度を保つためのものなので食べても安全との事です。

果物についたワックスを取り除くには、重曹水につけれ洗うか、塩をまぶしてこすり落とすか、野菜洗い用洗剤でも取り除く事が可能のようです。

 

冷凍野菜は控える

農薬使用された素材の可能性があります。有機無農薬栽培であっても栄養素の劣化が懸念されるようです。

 

冷凍フルーツは控える

活性酸素から体を守る抗酸化作用のあるフィトケミカル類が冷凍処理により変性・退色する可能性があるので有機でもお勧めできないとの事です。

 

カットフルーツは控える

スーパーなどでカットして売られているものには、防腐剤が使用されているものがあるので、控えたほうが良いそうです。

 

野菜チィップスなどの菓子類は控える

産地不明や残留農薬の恐れや、塩分使用など理由により基本的に避けた方がよいと言われています。

 

外国産のドライフルーツは控える

農薬量が不明、鮮度の問題もあり、加えて砂糖でコーテイングされていたりするのもあるので控えたほうが良いそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました