肺気腫でネーミングを見て購入したもの

日本肺がん患者連絡会などが、肺がん患者の88%が飲食店で、受動喫煙に遭った事があるという調査結果を発表していました。

ここ最近は、歩きタバコを禁止されていたり、店内の禁煙の場所も多くなりました。

私の住んでいる市内でも、路上は禁煙になっています。

その為に、あちらこちらで喫煙所があります。初めて来る人には喫煙所が分かりにくいような気がします。

今肺がんになられている方は、10年~15年程前に腫瘍が出来始めたのでしょうから、お店でも路上でも受動喫煙の影響を受ける事が多かったのかも知れませんね。

私が小さい頃は、バスの座席の後ろに灰皿がついていたような気がします。

 

私は昨年、肺気腫になりました。肺の中の細胞が少なくなって呼吸して空気を吸っても酸素を体内に取り込む量が少なくなる病気です。症状が悪化すると、酸素吸入しながらでないと、歩けないようになるとの事です。

悪化する条件として、受動喫煙や排気ガスなどを吸う事で悪化したりします。又、肺炎になったりすると一気に症状が悪化すると聞いています。

私はまだ、酸素ボンベなしで歩けています。

一応、外出の時はマスクをしています。

寒い時や、花粉シーズンの時はマスクをしている人が多かったのですが、最近は余り見かけなくなりました。その為、マスクして歩く姿は目立ちますね。しかも今はもう結構暑かったりします。

肺の中の細胞は再生する事はないそうです。肺気腫は徐々に細胞を蝕んでいくようですので、現状維持の症状を考えて生活しなければいけないようです。

 

昨年肺気腫となって徒歩で通勤して足が筋肉痛となった為に、酸素不足解消の為に購入してみたものです。

食べる酸素〔ペレットタイプ〕
グレープフルーツ味
多元素ミネラル含有サンゴ加工食品
【10粒2gあたりの栄養成分】
エネルギー:6kcal
たんぱく質:0.06g
脂   質:0.08g
炭水化物 :1.27g
ナトリウム:22mg

ミネラルや酸素をバランスよく補給する事により、身体の酸素バランスを整える製品のようですが医薬品ではありません。
食べる酸素という商品のネーミングで酸素不足の解消になるかと思って購入してみました。
味は普通においしかったです。

 


飲む酸素
清涼飲料水

【原材料】
精製水
ナトリウム
濃縮酸素液

 

お水などの飲み物に2・3滴混ぜて飲むタイプになります。
これも、ネーミングのみ見て購入しました。味は無いようですので、何に混ぜても大丈夫のようです。

どちらも、スポーツや登山の方や、体型の気になる方や、二日酔いの方や、お疲れ気味の方に勧めていた商品のようです。

去年飲み物に混ぜて飲んでいたのですが、酸欠状態で足が毎日筋肉痛だった私に何か効果があったかどうかは定かではありません。

 

 

携帯酸素

酸素純度:95%

充填量:5L

使用回数:60回(1回約2秒)

これは医療用酸素ではないようです。

スポーツの時や集中力低下の時にお勧めといわれる酸素補給です。

緊急の酸欠時の時に必要かと思い購入しました。

まず、サイズが大きいです。持ち運ぶのに不便でしたので、家と会社においていました。

私が購入したのは5Lのタイプでしたが、1本で5分程度しかもたないようです。

ためしに吸ってみましたが、空気ですが余り美味しくありませんでした。

スポーツ後などの酸欠状態で吸えば、感じ方も違うような気もします。

 

どれも、スポーツの時に効果がありそうな製品のようです。

肺気腫で酸欠状態だった私の体には、少々ものたりないような気がしました。

肺からではなく、体内から酸素供給して元気になるという仕組みが良く分かりませんでしたが、ネーミングを見て、思わず購入した物でした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました