高いガン抑制効果や肝機能障害の予防にウコン

ウコンに期待される効能

大腸ガン予防、皮膚ガン予防、肺ガン予防、肝機能障害予防、糖尿病予防、解毒作用、利尿作用

注目の成分

クルクミン、テルペン、ターメロン、シネオール、フラボノイド

高い抗ガン作用でさまざまなガン予防に期待できるウコン

ウコンからつくられるスパイスが、クルクミンという黄色い色素成分で、高いガン抑制効果があると動物実験で証明されています。

クルクミンは口から摂取すると、腸内でテトラヒドロクルクミンという抗酸化物質に変化して、ガン発生を抑える効果に期待できます。

クルクミン、クルクモール、アズレンなどの精油成分には、肝臓や胃を健やかにするほか、大腸ガン、皮膚ガン、肺ガンの予防に期待できます。

βカロテン、ビタミンC、ビタミンB1などを含む食材と一緒に摂取するとガン予防効果の向上に期待できます。

 

ショウガ科ウコン属 ウコンの生薬効果

ウコンには、腹痛や月経痛、狭心症、胸脇部や乳房の張りによる痛みを改善に役立ちます。

体の熱を冷ましてイライラを解消し、吐血や血尿、鼻血を止める効果のほか、黄疸や胆石の改善にも効果が期待できます。

ウコンに含まれるクルクミンには二日酔いの改善に効果があるのでドリンクなどで有名となっています。

水に溶けにくいので、湯で溶いたウコン茶がお勧めです。

 

食べ合わせによる相乗効果

ウコン+玉ねぎ+セロリ:血栓の予防

ウコン+チンゲン菜+豚肉:血行促進

 

保存方法

乾燥させて、湿気のない所で保存します。

すりおろしたものを小分けにして冷凍しておけば、必要な時にカレーなどの料理に使用するのに便利です。

スライスして、ホワイトリカーに漬けこむとウコン酒として楽しむことができます。

 

ウコンの豆知識

英名はターメリックでデザイナーズフーズの中に名前があがっています。

インドなどの熱帯アジアを原産として、室町時代に、交易を通じて琉球王朝(沖縄県)に伝わったとされています。

当時より肝臓に働くことが知られており、お茶や料理に入れて民間薬草として利用されていました。

カレーのスパイスとして、黄色い色の素となっています。

 

ウコンの種類

一般的に、秋に花をつけるウコンを秋ウコン、春に花をつけるキョウオウを春ウコン、切り口が淡紫のガジュツを紫ウコンと呼んでいます。

秋ウコンにはクルクミンが多く含まれており、薬効範囲が広いですが苦味が強いようです。

春ウコンは消化器系に有効といわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました