ストレス緩和や動脈硬化予防に役立つジャガイモ

ジャガイモに含まれる注目の成分

カリウム、クロロゲン酸、フィチン酸、フラボノイド

期待される作用

高血圧予防、ストレス緩和、動脈硬化予防、風邪予防

旬は5月~7月になります。
旬の野菜は、その時期に必要とされる栄養分が備わっているといわれており、味も最高と評判です。

がん予防に役立つジャガイモの抗がん作用

ジャガイモの芽などに含まれているステロイドアルカロイド配糖体は、抗がん薬と比べて中程度の強さで、がん細胞の増殖を抑えるのに役立つとこといわれています。

余分なナトリウムの排泄を促し、ミネラルバランスを整えてがんを予防するカリウムも豊富にに含まれています。

ビタミンCはビタミンEの酸化を抑制する働きがあり、解毒作用や強い抗酸化作用があるので、活性酸素を無害化してガン予防に期待できます。

ビタミンCは水溶性ビタミンの為一度にたくさん摂取しても数時間で体外に排出されるので、食事ごとに摂る事が効果的です。

 

消化不良の改善や高血圧予防に役立つジャガイモ

ジャガイモの主成分は、炭水化物ですが、ビタミンB1やナイアシンのほか、ビタミンCや血圧をさげるカリウムが多く含まれています。

ビタミンCの持つすぐれた抗酸化作用により、風邪予防や湿疹などのアレルギー性皮膚炎に効果があります。

ジャガイモは、胃腸の機能を高めるのに効果的で、疲れがなかなかとれない、食欲が無いなどといった症状に有効とされています。

アレルギー性のぜんそくにも有効で、単に症状を治すだけでなく、アレルギー体質そのものを改善する効果も期待できます。

ジャガイモに豊富に含まれているカリウムによって、体内の塩分を尿といっしょに体外へ排出する事で血圧を下げる効果も期待でき、腎臓病や膀胱炎などで利尿薬を使っている人の治療効果を高めることに役立ちます。

ジャガイモのビタミンCはデンプン質で保護されており、加熱しても壊れにくくなっているので効率よく摂取することができます。

皮の部分には活性酸素を抑えるクロロゲン酸も含まれています。

 

ナス科ナス属 ジャガイモの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

ジャガイモ 生ジャガイモ 蒸し1日の食事で必要な推奨量
男性30~49歳女性30~49歳
食物繊維1.3g1.8g20g以上18g以上
カリウム410mg330mg3000mg以上2600mg以上
カルシウム3mg2mg650mg650mg
βカロテンTrTr900μg700μg
レチノール00
ビタミンD005.5μg5.5μg
ビタミンETr0.1mg6.5mg6.0mg
ビタミンKTr0150μg150μg
ビタミンB20.03mg0.02mg1.6mg1.2mg
ビタミンB12002.4μg2.4μg
葉酸21μg22μg240μg240μg
ビタミンC35mg15mg100mg100mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

多年草の植物のジャガイモは、江戸時代初期にオランダ船によってもたらされたと言われています。

 

保存方法

日に当てると発芽してしまうので、新聞紙などに包み冷暗所で保存します。

 

食べ合わせによる相乗効果

ジャガイモ+玉ねぎ:健胃作用

ジャガイモ+セロリ:高血圧予防

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました