胃ガンの予防や活性酸素除去効果のあるワサビ

ワサビに期待される効能

胃ガン予防・殺菌作用・食欲増進・胃潰瘍予防

 

注目の成分

アリルイソチオシアネート・ペルオキシダーゼ・カリウム

 

強い抗ガン作用と殺菌作用が有名なワサビ

辛み成分のアリルイソチオシアネートには、強い抗ガン作用と殺菌作用があり、食中毒防止に効果があります。

消化酵素のスーパーオキシドムスターゼには、食欲増進と消化吸収を助ける他に、活性酸素の発生を制御してガンを抑制する効果に期待されます。

肉や魚の焦げの部分には、トリプトファン燃焼分解物質というガン促進物質が含まれています。ワサビに含まれているペルオキシダーゼという酵素には、体内でトリプトファン燃焼分解物質を分解してその活性を低下させる働きがあります。

細胞が分裂するときに発ガン物質が作用して染色体に異常が起こることがありますが、ワサビにはこれを抑制する効果がある事が動物実験で証明されています。

ワサビにはピロリ菌の増殖を抑える働きがあり、胃ガンの予防効果が期待できます。

強い抗酸化作用があるので、魚などの食品に使用したときに鮮度を保てますよ。

アブラナ科ワサビ属 ワサビの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

わさび 根茎 生
食物繊維4.4g
カリウム500mg
カルシウム100mg
βカロテン7μg
ビタミンE1.4mg
ビタミンC75mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

日本古来の多彩な効果のある薬味

ワサビにはガンや老化、さまざまな病気の原因になる活性酸素を除去する働きがあるので、食べると体内での脂質の酸化予防に期待できます。

目の細かいもので手早くおろすと、多くの細胞膜が壊されて辛味成分が増え、殺菌効果が高まります。

刺激的な香りには食欲増進と消化促進作用があります。

冬のほうが、辛みが増すそうですよ。

食べ合わせによるプラス効果

ワサビ+キャベツ:胃・十二指腸潰瘍予防、ガン予防効果

ワサビ+酢:食中毒予防、肥満防止、血行促進

ワサビ+玉ねぎ:動脈硬化予防、心臓病予防、美肌づくり

ワサビ+唐辛子:食欲増進、疲労回復、美肌作り、老化防止

 

ワサビの保存方法

水7分目を入れたコップに立て、毎日水を取り替えれば冷蔵庫でも保存できます。

茎を、しめらせたキッチンペーパで包み、ビニール袋に入れて野菜室に保存する方法もありますよ。

ワサビの歴史

日本の山間渓流に自生する香辛野菜で、奈良時代には薬草として利用されており、江戸時代に寿司やソバが流行するのに伴い栽培が始まったようです。

水の中で育つものを沢ワサビ、畑で育つものを畑ワサビと呼んでいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました