美容・健康食としても生活習慣病・肝臓ガン予防にも最適な烏賊(イカ)

注目の成分

タウリン、リゾチーム、ビタミンE、亜鉛

烏賊(イカ)に期待される効能

ガン予防、動脈硬化予防、コレステロール低下、成人病予防、強壮効果、体力増強

美味しい時期は7月~3月です。

 

イカの抗酸化作用

イカにはさまざまな種類がありますが、どれもタウリンが豊富に含まれています。

タウリンは含硫アミノ酸の一種で、血中脂質のバランスを改善して、肝機能を高めて肝臓の解毒機能を助ける作用があるので、肝臓ガンをはじめ肝臓病に効くといわれています。

イカスミには、防腐力が強くガン予防にはたらくリゾチームという物質が含まれています。

スルメの表面に吹き出る白い粉はタウリンや、胆汁産生を促進するベタインの結晶です。

 

肥満・糖尿病の人にも最適

イカには、造血に不可欠の銅や、強壮作用のある亜鉛などのミネラル、血行促進・老化予防・動脈硬化予防に期待できる抗酸化作用のビタミンEが豊富に含まれています。

タウリンには血中コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、心臓機能の強化に期待できます。

内臓も食べるホタルイカにはレチノールが豊富なので、のどや鼻の粘膜や皮膚を健康に保ち、かぜ予防や美肌づくりに役立ちます。

血を補うので、月経不順や不正出血、おりものなど婦人科系のトラブル改善や貧血に有効です。

中医薬学では、熱を冷まして体を潤し、血を補い、月経異常に伴う症状を改善する薬効があるとされます。

高タンパク・低脂肪で低エネルギーのほか、グリシンやアラニンなどのうま味成分を含んだ良質な魚です。

 

イカの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

スルメイカ 生ホタルイカ 生ヤリイカ 生
食物繊維000
カリウム300mg290mg300mg
カルシウム11mg14mg10mg
βカロテン0Tr0
レチノール13μg1500μg8μg
ビタミンD0.3μg00
ビタミンE2.1mg4.3mg1.4mg
ビタミンK0Tr0
ビタミンB20.05mg0.27mg0.03mg
ビタミンC1mg5mg2mg
DHA130mg450mg170mg
EPA(IPA)43mg310mg75mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

日本近海では90種類以上のイカが生息していると言われていますが、最も漁獲されているのは、スルメイカです。

 

スルメイカ:アカイカ科

エンペラ(ヒレ)は三角形で、胴は真っすぐな円筒型です。

歯ごたえがよく味もよいので、いかそうめんはスルメイカがベストです。

かつては主にスルメにしていたので、この名前がつきました。

 

ホタルイカ(蛍烏賊):ホタルイカモドキ科

体長7~8cmと小型のイカです。

体表に発行器を持ち、深海でホタルのように光ります。

ゆでられて出回ることが多くなっています。

 

ヤリイカ(槍烏賊):ヤリイカ科

淡泊で上品な味が人気のイカです。

刺身にすると白く透き通って美しく、寿司ネタにすることも多いイカです。

国内ではあまり獲れず、輸入がほとんどです。

 

イカの食用地域について

「悪魔の魚」と呼ばれ、日本と地中海周辺以外では食用にされることはないようです。

世界中で獲れるイカの4割は日本人の胃袋に入るといわれています

 

食べ合わせによる相乗効果

イカ+ブロッコリー:コレステロール低下

イカ+トマト:動脈硬化予防

イカ+あさり:動脈硬化予防

イカはカルシウム含有量が少ないので、生食の場合は、海苔や青じそなどを組み合わせて食べると効果的です。

 

注意事項

低エネルギーでダイエット向きのイカですが、食べ過ぎるとジンマシンやアレルギーを起こす可能性があります。

 

民間療法

イカスミを火であぶって粉状にしたものは、狭心症の妙薬として昔から重宝されています。

コウイカの胴にある「舟」とも呼ばれる甲は、煎じて胃潰瘍・十二指腸潰瘍の飲み薬として利用することがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました