コラーゲンやタウリンを豊富に含んでいるサザエ

注目の成分

タウリン、コラーゲン

サザエ(栄螺)に期待される作用

動脈硬化予防、コレステロール低下、肌荒れ解消

美味しい時期は3月~8月です。

肝機能を正常化して毛髪の生成を促進するサザエ

サザエに豊富に含まれているタウリンには、体力増強や血中脂肪のバランスを改善し肝機能を高めます。

又、血圧を下げ悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や心筋梗塞の予防効果に役立ちます。

コリコリとした食感の部分に多く含まれているコラーゲンには、細胞同士をつなぐ働きがあり、肌の健康を保つのに役立ちます。

サザエはβカロテンが含まれている海草を食べることで成分が豊富に含まれており、抗酸化作用や細胞を丈夫にする効果が期待できます。

豊富に含まれている亜鉛は、毛髪の生成を促進し、抜け毛を防ぐほか、強精効果もあるとされます。

ワタの色がクリーム色ならオス、緑色なら雌で、ミネラルが豊富で、タウリンの含有量は魚介類中トップクラスです。

サザエ科 サザエの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

サザエ 生 サザエ 焼き 男性 30歳~49歳
1日に必要な推奨量
食物繊維 0 0 20g以上
カリウム 250mg 220mg 3000mg以上
カルシウム 22mg 29mg 650mg
βカロテン 360μg 530μg 900μg
レチノール 31μg 44μg
ビタミンD 0 0 5.5μg
ビタミンE 2.3mg 2.8mg 6.5mg
ビタミンK 3μg 2μg 150μg
ビタミンB2 0.09mg 0.10mg 1.6mg
ビタミンB12 1.3μg 1.1μg 2.4μg
ビタミンC 1mg 1mg 100mg
DHA 1mg Tr 1000mg
EPA(IPA) 6mg 5mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

磯の香りとコリコリした歯ざわりが特徴で、身を出す時はちぎれないように、ゆっくり回しながら引き出すのがコツです。

食べ合わせによる相乗効果

サザエ+マッシュルーム:動脈硬化予防

サザエに含まれているタウリンと悪玉コレステロールを体外に排泄するマッシュルームに含まれる食物繊維を合わせる事で、動脈硬化の予防に期待できます。

スポンサードリンク