慢性疲労を改善して元気の出る食材のもち米

注目の成分

アミロペクチン、ギャバ、タンパク質

もち米に期待される作用

疲労回復、冷え性改善

おいしい時期は8月~11月です。

 

温め効果が高く精をつける食材のもち米

体力を回復して元気の源になる食材で、昔から病中病後の体力の回復を促したり、母乳の出をよくするために利用されてきました。

胃を温めて消化吸収を高める作用があるので、慢性疲労や冷え性、冷えからくる下痢の改善に効果的で、汗かきや頻尿(ひんにょう)を緩和する作用も期待できます。

栄養成分は米とほとんど同じですが、デンプン質のアミロペクチンというねばり成分が多いため、熱を加えると強いねばりけが出るのが特徴です。

もち米は穀物の中でもとくに体を温める作用が強く、胃腸の働きを活性化してくれます。

 

もち米の栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

精白米 もち米男性 30歳~49歳
推奨量
エネルギー359kcal※約2650kcal
タンパク質6.4g60g
食物繊維0.5g20g以上
カリウム97mg3000mg以上
カルシウム5mg650mg
ビタミンA0900μg
ビタミンD05.5μg
ビタミンE0.2mg6.5mg
ビタミンK0150μg
ビタミンB20.02mg1.6mg
ビタミンB1202.4μg
ビタミンC0100mg

※エネルギー推奨必要量は、体型により変化します。

お祝いの席で、もち米を使った赤飯やもちがふるまわれるのは、労をねぎらい、生命エネルギーである気を補って精をつけるためだといわれています。

 

食べ合わせによる相乗効果

もち米+艾葉(がいよう):冷え性改善・食欲増進

もち米+やまのいも:疲労回復

もち米+大根:胃の働きの援助

 

保存方法

直射日光を避けて涼しい場所で保存します。

保存容器の中に赤とうがらしを3本ほど入れておくと防虫対策として役立ちます。

 

注意事項

のぼせや便秘、吹き出物がある人は、温性の強いもち米を食べる事で、体に余分な熱を帯びたり、精がつきすぎて、できものが大きくなったり進行を早めてしまうので、食べ過ぎに注意が必要です。

ねばりが強く消化吸収が遅い食材なので、子供や老人も食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました