体を温めて心を鎮めてくれるシナモン

注目の成分

オイゲノール、カルシウム、リン、マンガン

シナモンに期待される作用

冷え解消、免疫力向上

 

漢方薬では「桂皮(けいひ)」と呼ばれているシナモン

シナモンには、マンガン・鉄などのミネラルが含まれており、オイゲノールという抗酸化力の強いポリフェノールの一種も含まれています。

ケイヒアルデヒドという成分には、末梢血管を拡張して、手足の先まで血を巡らせるのに役立ちます。

体を温める効果はショウガ以上といわれており、五臓の働きを活発にするほか、心を鎮め、スタミナをつける効果に期待できます。

高血圧の人は摂りすぎないように注意がひつようです。

 

シナモンの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

シナモン 粉男性 30歳~49歳
1日に必要な推奨量耐用上限量
食物繊維020g以上
カリウム550mg3000mg以上
カルシウム1200mg650mg2500mg
ビタミンA7μg900μg2700μg
ビタミンD05.5μg100μg
ビタミンE06.5mg900mg
ビタミンK0150μg
ビタミンB20.14mg1.6mg
ビタミンB1202.4μg
ビタミンCTr100mg

 

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

日本では古くから「ニッキ」と呼ばれて親しまれており、古代ローマ時代ではスパイスとして重宝されていました。

 

食べ合わせによる相乗効果

シナモン+ハチミツ:免疫力向上

シナモン+さつまいも:疲労回復

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました