食欲増進や食中毒予防に「しょう油」

主な成分

アミノ酸、イソフラボン、ナトリウム、ブドウ糖

しょう油に期待される作用

食欲増進、食中毒予防

 

日本古来の調味料のしょう油

体にこもった余分な熱を冷まし、胃腸の働きを高めてくれます。

 

さらに、食材のうま味を引き出す事で、食欲の増進に役立ちます。

 

解毒作用もあるので、生ものにつけて食べると食中毒の予防に効果的です。

 

熱い番茶に醤油とショウガ汁を少量たらして飲む醤油番茶には、体が温まり、胃腸病、冷え性、貧血改善に効果的です。

 

大豆・小麦・塩・水・麹菌・酵母・乳酸菌を発酵・熟成させたものが醤油になり、300種類ほどの香りと味の成分が含まれています。

 

食べ合わせによる相乗効果

醤油+アジ:疲労回復

醤油+乾姜(カンキョウ):冷え性

醤油+きゅうり:ほてり解消

共に熱を取る作用があり、きゅうりに含まれるカリウムで余分な塩分を排出してくれます。

 

注意事項

むくみや高血圧が気になる人は使用量を控えましょう。

長時間加熱すると栄養成分が損なわれるので、加熱しすぎないように注意します。

 

保存方法

一般的に流通している醤油は加熱処理されている為、常温で保存できます。

加熱処理していない生醤油は、痛みやすいので冷蔵庫で保存します。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました