ホルモンバランスを整えて精神を安定させるセージ

注目の成分

カルノシン酸、カンファー、シネオール、フラボノイド、ボルネオール、フェノール酸

セージに期待される作用

抗ウィルス、抗菌・抗酸化作用、精神安定、消化促進、血圧降下

旬は5月~10月になります。

ハーブティーでのどの痛みの緩和

セージはハーブティーにすると、のどの痛みや口内炎の改善、胃の炎症を抑え、消化促進、血圧降下にも期待できます。

殺菌力に優れ、のどの痛みを緩和することから、欧米ではうがい薬としても利用されています。

水虫のときには足浴に用いるなど、肌を清潔に保ちたいときにも効果的です。

抗菌作用・収れん作用があるので、歯磨き粉として使用すると、口の中を清潔に保つだけでなく、歯茎の引き締めにも役立ちます。

疲労を回復したり、胃を丈夫にするほか、生理不順、更年期障害などへの薬効も知られています。

皮膚を引き締める収れん作用や発汗を抑える働きがあることから、更年期の急な発汗や寝汗、緊張したときの多汗を鎮めるのにも期待できます。

さわやかなほろ苦さとヨモギのような独特の香りが、ホルモンのバランスを整えて、イライラや気持ちの落ち込みの緩和に期待でき、頭をスッキリさせて集中力の向上に役立ちます。

少し加えるだけでよく香るので、肉や魚の臭み消しなどに利用されて同時に消化も助けてくれます。

食べ合わせによる相乗効果

セージ+キャベツ:胃腸強化

セージ+タイム:血行促進

セージ+豚肉:消化促進、老化防止

肉料理との相性がよいので、ソーセージの語源ともなったともいわれています。

注意事項

セージは強壮作用が強力なので、妊娠中の方などは、とりすぎないように注意が必要です。

シソ科アキキリ属 セージの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

セージ 粉
エネルギー 384kcal
タンパク質 6.4g
食物繊維 0
カリウム 1600mg
カルシウム 1500mg
βカロテン 1400μg
レチノール 120μg
ビタミンD 0
ビタミンE 0
ビタミンK 0
ビタミンB2 0.55mg
ビタミンB12 0
ビタミンC 0

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

セージの語源はラテン語の「治す」からきているとされ、古くから薬用に用いられており、「長寿のハーブ」などと呼ばれていました。

スポンサードリンク