集中力や記憶力の向上に役立つチョコレート

注目の成分

ビタミンE、カカオポリフェノール

チョコレートに期待される作用

コレステロール値低下、集中力・記憶力向上

 

非常食品で最適なチョコレート

チョコレートは、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルや食物繊維を含み、高タンパク、高脂肪、高糖質、高カロリーで栄養バランスのよい健康食品です。

豊富に含まれているカカオポリフェノールには、活性酸素の働きを抑えてコレステロール値を低下させる作用に役立ちます。

チョコレートの香りは集中力や記憶力を高めてくれるので、勉強前や試験前に食べるのもお勧めです。

体を温める性質のあるココアが原料となっているため、疲労時の栄養補給や、非常食としても最適なので、冬山の登山などには重宝する食材となっています。

非常に抗酸化作用の強いビタミンEには、老化の要因となる細胞膜の酸化を防いでくれたり、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に役立ちます。

カカオ由来の脂質が多く、カロリーが高い食品なので、食べ過ぎないように注意が必要です。

 

チョコレートの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

ホワイトチョコミルクチョコ
エネルギー588kcal558kcal
タンパク質7.2g6.9g
食物繊維0.6g3.9g
カリウム340mg440mg
カルシウム250mg240mg
βカロテン39μg37μg
レチノール50μg66μg
ビタミンDTr1.0μg
ビタミンE7.1mg7.6mg
ビタミンB20.39mg0.41mg
ビタミンB1200
ビタミンC00

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました