コーヒーと腫瘍の関係

癌の事については、医学的にはまだ分かっていない事が多いそうです。癌になる要因としてあげられいる有名な事柄は、

  • 食事・飲料による影響
  • 喫煙による影響
  • ウィルス・細菌などの感染による影響
  • アスベストなどの住環境による影響
  • 遺伝による影響
  • 薬の副作用等による影響
  • 放射線等による影響
  • ストレスによる影響
  • その他

腫瘍が出来る場所により要因もいろいろ変わると思うのですが、上記のような事が原因で腫瘍発生になる事が多いそうです。健康な時には気にしなかった事が、健康を害するといろいろ気になる事があります。

コーヒーについて

コーヒーを飲む事は腫瘍の発生のリスクが増えるという噂を以前聞いた事がありました。

私が感じた結果は一応NOでした。むしろコーヒーを飲んだほうが良いとの見解が多いようです。将来医学が進歩して未確認の物質が発見されたりすると変わるかもしれませんが、現段階では体によい効果があるそうです。

腫瘍が出来ると言われていた理由

コーヒー豆を炒る時に「アクリルアミド」といわれる成分が出来るのですがそれが発がん性物質との事です。

炭水化物を多く含む食品を120°以上で加熱調理すると、「アクリルアミド」に変化するそうです。ポテトを油で揚げる時の最適温度は180°になります。ちなみに、から揚げは160°、トンカツは170°、コロッケは180°と高校の時にお弁当屋でバイトしていた時に教わりました。

炭水化物で変化した成分を多く含んでいる代表的食品は、ポテトチップスやフライドポテトです。そういえば、昔に体に悪いと騒がれていたような気がします。私はポテトチップスは今でもよく食べます。一袋当りの内容量が昔に比べて少なくなっているので、一人で一袋食べても苦にならなくなりました。けれど、今後は多少控えるようにしようと思います。

腫瘍発生の予防になるといわれる理由

コーヒーに抗酸化酵素であるポリフェノールの一種の「クロロゲン酸」と呼ばれる腫瘍発生に効果のある物質が含まれているそうです。この物質は、活性酸素を消去する効果があるそうです。

活性酸素は体内に侵入したばい菌などを取り除く効果があるのですが、増えすぎると正常な細胞もダメージを受けてしまうそうです。老化やシミの原因といわれる活性酸素は、呼吸でも発生して食事や外部環境、ストレス等で変化するそうです。

又、たばこを吸うと活性酸素がかなり増加するそうです。喫煙者がコーヒー好きの人が多いのは体の防衛本能かもしれませんね。

活性酸素の能力を奪う抗酸化酵素は食事などから成分接種して作り出されますが、40歳をすぎると製造能力が低下するそうです。

インスタントコーヒーでも活性酸素を消去する効果はあるとの事です。缶コーヒーなどは、糖分の成分などで他に悪影響を及ぼす可能性があるので、飲みすぎは注意が必要との事ですが、できればブラックがよいそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました