美容やダイエット、若さの維持に「オリーブ油」

注目の成分

オレイン酸、ビタミンE、ビタミンK

オリーブ油に期待される効能

便秘解消、美肌・美髪効果、血圧安定、動脈硬化予防

肺の熱を冷まして潤いを与える働きのあるオリーブ油

オリーブ油は悪玉のLDLコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールを増やすオレイン酸を70%以上も含むので、血管病の予防に期待できます。

オレイン酸は血管の若さ維持・若返りに効力を発揮し、ダイエットや美容に必要な油脂になります。

オリーブ油には、抗酸化作用の強いポリフェノールが豊富に含まれ、抗菌・抗ウイルス効果に優れており、体内で脂肪細胞が増加するのを抑制する働きがあります。

非常に抗酸化作用の強いビタミンEには、老化の要因となる細胞膜の酸化を防いでくれたり、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に役立ちます。

のどの渇きや痛みを抑制し、乾燥肌を改善して、腸をなめらかにするので便秘解消にも期待できます。

オリーブ油などの油はいちばん効率よく効果的にエネルギーを補給してくれて、体内でつくれない必須脂肪酸などを豊富にふくんでいます。

オリーブ油の栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

オリーブ油 ごま油 とうもろこし油
食物繊維 0 0 0
カリウム 0 Tr 0
カルシウム Tr 1mg Tr
βカロテン 180μg Tr 0
レチノール 15μg 0 0
ビタミンD 0 0 0
ビタミンE 8.9mg 44.8mg 91.1mg
ビタミンK 42μg 5μg 5μg
ビタミンB2 0 0 0
ビタミンB12 0 0 0
ビタミンC 0 0 0

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

オリーブ油は、古代エジプト時代から地中海沿岸の国々で利用されていました。

食べ合わせによる相乗効果

オリーブ油+レモン:咳止め、のどの渇き緩和

オリーブ油+くるみ:美肌効果、便秘解消

オリーブ油の成分の約8割のオレイン酸は、酸化しにくく熱に強いので、炒め物にも利用できます。

オリーブ油の選び方

遮光ビンに入っている製品で、直接日光が当たっていない場所に置かれているもの。

香りがよく品質が高いエクストラバージンオイルには、抗酸化作用が強いビタミンEが豊富に含まれています。

スポンサードリンク