骨粗しょう症予防に役立つビタミンDが豊富な「イサキ」

注目の成分

DHA、ビタミンD、ビタミンB12

イサキに期待される作用

骨粗しょう症予防、高血圧予防、動脈硬化予防

旬の時期は3月~9月になります。

 

淡泊なうま味を楽しむには塩焼きがお勧めのイサキ

カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富に含まれているので、カルシウムを多く含んだ食材と一緒に摂取すると、骨粗しょう症予防やストレスの緩和に役立ちます。

 

魚などに含まれる優れた脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)には、ガン、脳卒中、心筋梗塞、アレルギー疾患の予防に効果があると考えられています。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)には血液中の脂質の濃度を下げて血液を流れやすくしたり、脳を活性化に役立ち、悪玉コレステロールを減らし動脈硬化の予防や免疫力を高め、ガン予防にも期待されています。

 

豊富に含まれているビタミンB12は、葉酸と協力して血液中の赤血球の合成をサポートし、悪性貧血を予防します。

又、神経系の機能維持に働き、睡眠障害やアルツハイマー病、動脈硬化の発症予防などにも関連があるとして注目されています。

 

低カロリーで低コレステロールの白身魚になります。

 

イサキの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

 いさき 生1日の食事で必要な推奨量
男性 30歳~49歳女性 30歳~49歳
食物繊維020g以上18g以上
カリウム300mg3000mg以上2600mg以上
カルシウム22mg650mg650mg
βカロテン0900μg700μg
レチノール41μg
ビタミンD15.0μg5.5μg5.5μg
ビタミンE0.9mg6.5mg6.0mg
ビタミンK0150μg150μg
ビタミンB20.12mg1.6mg1.2mg
ビタミンB125.8μg2.4μg2.4μg
ビタミンCTr100mg100mg
DHA810mg1000mg1000mg
IPA(EPA)350mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

Tr:含まれている量が最小記載量に達していない事を示します。

IPA(イコサペンタエン酸)はエイコサペンタエン酸とも呼ばれ、EPAの略称が用いられます。

全長は約40cm程で、梅雨の時期においしいことから、旬のイサキは梅雨イサキとも呼ばれています。

 

食べ合わせによる相乗効果

イサキ+アスパラガス:ストレス緩和

イサキに含まれるタンパク質とアスパラガスに含まれるビタミンCの組み合わせでストレスの緩和に役立ちます。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました