森のバターで有名なアボカドの抗酸化作用

アボカドには、胃腸を温め、消化吸収の働きを高めて疲労を回復する効果に期待できます。

栄養価が高く、コレステロール値を減らすオレイン酸やビタミン、ミネラルを豊富に含み、高血圧や脳梗塞の予防にも効果的です。

 

太陽の恵みのビタミンEとカリウムで抗ガン効果

アボカドには抗酸化作用が強いビタミンEとカリウムが豊富に含まれています。

ビタミンEには脂肪が過酸化脂質にかわるのを防ぎ、非常に強い抗酸化作用があり、老化の要因となる細胞膜の酸化を防ぐため、若返りのビタミンとしても知られています。

ビタミンEは、ビタミンA・ビタミンC・カロテン類などの他の抗酸化成分といっしょに摂取すると、抗酸化作用がより強固になります。

カリウムには、細胞内の過剰なナトリウムを、細胞外に押し出す役割を担っています。体内のミネラルバランスを保つ事で、余分な塩分摂取による細胞膜の傷つきで細胞がガン化するのを防いでくれます。

 

クスノキ科アボカド属 アボカドの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

アボカド:生
食物繊維5.3g
カリウム720mg
βカロテン75μg
ビタミンE3.6mg
ビタミンB20.21mg
ビタミンB60.32mg

単位:μg(マイクログラム)とは、
1g=1000mg=1000000μg
1μg=0.001mgになります。

 

美容の味方として有名なアボカド

栄養価の高いフルーツのアボカドには果物トップクラスの脂質が含まれています。そのほとんどが不飽和脂肪酸で、血中コレステロールを低下させる働きがあります。

ビタミンCやスクワレンなどを含む為、肌をしっとりさせ、カサつきを防ぎ、髪のツヤツヤ効果が期待できます。

食物繊維が豊富なので、毎日そのままアボカド半個~1個食べるだけで便秘解消に効果が期待できます。

若返りのビタミンといわれるビタミンEには末梢血管を拡張させて血行をよくする作用があり、老化・シミ・ソバカスを防止します。又、性ホルモンの生成などにも関与しており、生殖機能の維持にも効果が期待できます。

 

食べごろの見分け方

皮の色が全体にチョコレート色になったら食べろごろのサインです。

シワがあるものは熟しすぎている可能性もあります。

ヘタと皮の間に隙間があるものは、脂肪分が少ないと言われています。

 

保存方法

熟したものはビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。

未熟なものは常温で追熟させます。

7℃以下にすると変色するので注意が必要となります。

 

早く熟成させる方法

冬は暖かい場所に置いておくと早く熟成させることができます。

エチレンガスを発生させるリンゴといっしょに袋にいれると早く熟成させる事ができます。

 

効果的な食べ合わせ

+レモン:抗酸化力効果向上

+オクラ:疲労回復効果向上

+バナナ:便秘解消効果向上

+エビ:疲労回復効果向上

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました