食パンは冷凍して長期保存しても美味しい

5枚入りなどの食パンを購入した時、一人暮らしの場合は、表示されている賞味期限までに食べきる事がむずかしいように感じます。

私はスーパーで購入しています。

購入する時間が遅い為か、最近は2日後が賞味期限と表示された食パンばかりが陳列されています。

昔はもっと賞味期限が長かったような気がするのですが・・・・思い違いなのかな~?

食パンの保存方法

パンなどは2・3日で食べきらないと、パンの内部の水分がとんで乾燥していき味がどんどん低下していきます。

その為、具の入っていない食パンなどのパンは冷凍用保存袋などにいれて冷凍すれば長期保存できて最後まで美味しくいただくことができます。

一斤などかたまりの場合は、食べやすい暑さに切ってから冷凍保存します。

カットされている食パンは購入時の包装の上にさらにポリ袋に包んで冷凍保存します。

食べきる目安は1か月以内になります。

私はロールパンの場合は中にハムなどをはさめるように、真ん中でカットしてから冷凍保存しています。

さらに美味しく

冷凍保存する前に食パンの耳の部分を切ってから冷凍保存するとさらに美味しくいただくことができます。

冷凍保存した食パンをトースターで焼くと、ふっくらした状態となり、耳の部分もカリカリとした最高の状態に焼きあがります。

食パンの耳の部分は熱が伝わりにくい状態となっているので、この部分を切り離すことで、熱の伝わり方に変化がおこります。

その為、トースターで焼いた場合はパン全体に早く均一に熱が伝わり、表面は早く焼けて、パンの内側には水分が集まるので、中はふわふわで外はサクサクとした食感を味わえます。

これは、かなりお勧めですよ。

冷凍した食パンなどはそのまますりおろせば、パン粉が作る事ができるので、もしパン粉をきらしてしまって、買いに行きたくない場合は冷凍食パンが役立ちます。

フランスパンの場合

フランスパンはバターや砂糖の使用量が少ないので食パンよりも味が落ちるのが早くなっています。

フランスパンを購入したら、好みの厚さにカットして、すぐに冷凍保存すれば最後まで美味しくいただけます。

乾燥を防ぐために密閉する袋の中の空気をよく抜いて冷凍保存します。

保存期間の目安は2~3週間となっています。

スポンサードリンク