麦ご飯炊いてみました

 

この前近所のスーパーで購入した押し麦をお米に混ぜて炊いてみようと思います。

二合分のお米をといで、通常の水の分量をいれます。

失敗した時の事を考慮して、二合を炊いてみようと思います。

お米の計量カップに半分程の押し麦と、100ccの水を追加します。

なんとなく、塩を少々いれてみました。

豆ごはんの時に塩を入れるので、入れてみたら美味しくなるのではないかというかってな思い込みです。ただ、失敗するといけないので、塩の分量は少々にしておきました。

十分に時間をおいて麦が水を吸い込んだ後に、炊飯開始です。

出来上がりました。

押し麦がお米の上にかたまっているので、よく混ぜて茶わんにつぎました。

あ~懐かしい。実家で食べていたのは、こんな見た目のご飯でした。

食べた感想。

普通に美味しい。炊きたてのせいなのか、白米よりも美味しい気がします。

見た目もなんだか、私は健康に気を使っていますよ!感が出ています。

多分、この麦ご飯にゴマをふりかけると、もっと美味しくなるような気がします。

最近、いろんな物にゴマを混ぜて食べています。

ゴマには、セサミノールという強力な抗酸化成分が含まれていて、細胞のがん化を阻止する効果に期待されているようです。

今食べているのは、白ゴマです。たぶん百円均一で購入したものだと思います。

このゴマの栄養成分表表示1袋(100g)あたり

エネルギー599kcal
たんぱく質20.3g
脂質54.2g
炭水化物18.5g
ナトリウム2mg

今の私の知識では、炭水化物の表示しか見ていません。

炭水化物=糖質+食物繊維なので、この数値が高いと糖が多いので腫瘍の栄養分になってしまうので、検討食品となります。その後に、GI値を調べてその食品を食べた時の血液に含まれる糖質の量をみて、私の体に良い食材かどうかを判断しています。現状私の知識による気休め的な判断となっています。

ただ、上記表は一袋ゴマを食べた時の数値です。

一気に一袋たべたりはしないので、何かにふりかけて食べたりしても、栄養成分は少々となりそうです。

それに比べて、ポテチの成分

栄養成分表示 塩味1袋(60g)あたり

エネルギー336kcal
たんぱく質3.1g
脂質21.6g
炭水化物32.3g
食塩相当量0.6g

これは、間違いなく一人で一袋完食できます。

そのままの成分が体に取り込まれる事になります。

高カロリーにして、発がん性物質が含まれているとされるポテトチップス。

でも、美味しいですよね。

体に悪いとされるものは、いずれも美味しい物が多いような気がします。

 

そして今日は、麦ごはんを食べて美味しく感じる事が出来た事に満足しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました