免疫細胞を活性化させるエノキタケ

エノキタケの注目成分

ギャバ、βグルカン、ナイアシン、ビタミンB1

エノキタケに含まれる成分に期待される効果

安眠効果、疲労回復効果、動脈硬化、便秘改善

エノキタケに含まれるβグルカンで抗ガン作用に期待

エノキタケには、きのこ類などの細胞壁に含まれる水溶性食物繊維の一種のβグルカンが含まれており、免疫力を高めたり、抗ガン作用に期待できます。動物実験ではガンが縮小したという報告があります。

キシメジ科 エノキタケの栄養成分

可食部100gあたり 日本食品標準成分表2015年版(七訂)参照

ゆで油いため味付け瓶詰
食物繊維4.5g4.6g4.1g
カリウム270mg380mg320mg
βカロテン000
ビタミンE000
ビタミンB10.19mg0.26mg0.26mg
一般的に美味しい時期は11月~3月といわれています。

生活習慣病の予防に期待できるエノキタケ

エノキタケにギャバという成分が豊富に含まれており、神経の興奮を鎮め腎臓や肝臓の働きを活発にする働きがあり、血圧や神経の安定に役立ちます。

きのこ類の中では、ビタミンB1の含有量はシイタケの次に多く含まれています。ビタミンB1には疲労回復に期待でき、皮膚や髪の毛、爪などの健康維持に役立つ効果があります。

エノキタケには血中脂肪や血圧、血糖値を低下させ、便秘も改善に期待できます。子供の脳の発育をよくする作用があるといわれています。

疲れて食欲がない時や眠れない時の食事にピッタリの食材です。

食べ合わせによる相乗効果

エノキタケ+にがうり:血糖値の低下促進

エノキタケ+エビ:子供の発育促進

エノキタケ+くるみ:建脳効果

干してから調理するとうまみが増します。

保存方法

真空パックのものは冷蔵庫で1週間程保存可能といわれています。

冷凍保存する場合は、根元を切り取って小分けにしておくと、利用する時に便利です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました